十五夜になぜススキなの?

 

 

 

  

 

中秋の名月。十五夜のお月見に供えるものを、子どもたちと準備しました。

 

だんご粉からおだんごを作るのは5年ぶりでしたが、粘土遊びのようで楽しかったみたいで5歳の長女は上手に丸めてお湯にポトンと入れてくれました。

そして近くの草むらで、虫や草を格闘しながらススキを採っていたら、娘がこう言いました。

 

「ねぇ、どうしてススキなの? もっとかわいいお花を飾りたいんだけど…」と。

 

朝からおだんごをせっせと準備して、お気に入りのお皿や花瓶もセッティングしたのに、そこに活けるのがなぜこんな草ボーボーの中から採ったススキなのか?と、疑問に思ったようです。

 

うん、娘の気持ちはよくわかる。

ススキって、だいたい荒地や草むらにしか生えてないから、採るのもひと苦労なんですよね…(笑)。

 

私も分からなかったので、家に帰って本で調べたところ、こんなことが書いてありました。

『ススキは「稲」に見立てて五穀豊穣を願って飾るもの』だそう。ちなみに、おだんごはまあるいお月さまだそう。

  

へぇ~!と親子で納得し、無事にススキを飾りました。

 

 

 

参考にした本はこちら。世界文化社の「行事のはなし12か月」です。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを構築.

ページ先頭へ ↑