【秋田暮らし】ストーブの電源ボタンを押すかどうか迷う朝

 

 

 

 

 

 

 

 

  

朝晩、急に冷え込んできた今日この頃。

最近は朝早く起きて仕事をしていることが多いのですが、そんな時いつも迷うのが、ストーブの電源を入れるかどうか…。

 

寒くても「着込めば、まだ大丈夫」「まだいけるでしょ」と自分に言い聞かせて、ストーブをチラ見しながらも付けずに過ごしています。

思い返せば、夏の始まりも、エアコンを入れるかどうかで、だいぶ自分と格闘していました。

 

季節の変わり目って、体と心がついていかないというか、踏ん切りがつかないというか、判断に迷うことが多いですよね。

  

 

そんなわが家の「鶴の一声」は、いつも子どもたち。

起きてくるなり、「さむ~~~~い!!」「ママ!!!さむいってば~~~!!!」「なんでこんなにさむいのよ~~~!」と騒ぐ声に背中を押され(頼むから静かにして!と心の中で思いながら)、速攻、電源ボタンを押しました。

 

あの、迷っていた時間はなんだったのか…。

まぁそんなもんです。笑

 

   

 

 

10月22日(金)、秋田魁新報社の朝刊「ハラカラ」に、秋田のこけしについて書かせていただいたコラムが掲載されます。購読されている方は、どうぞよろしくお願いいたします。

  

コメントは受け付けていません。

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑