【情報求む】教えて!東北のみなさん!あなたの地域の削り花について

春の彼岸にお供えする「削り花(けずりはな)」をご存知ですか?

地域によっては彼岸花(ひがんばな)と呼ぶところもあるそうですが、これらは木を削って作られた造花で、彼岸にお墓に供える花のことです。戦後、生花を入手することが困難な状況下で作られ始め、東北地方を中心に広がったと言われています。

地域によって色も形もさまざまで、私が住む秋田県東部では雪景色に映える鮮やかなピンクと紫と黄色の削り花が作られています。(↓)

先日、作り手の佐藤三郎さんご夫婦を訪ね、制作風景を見せていただきましたが、初めて知る東北ならではの風習と手仕事に心を動かされました。

朴ノ木(ほうのき)を薄く削り、それを組み合わせて花びらを作り、着色をするという一連の工程は、まるで手慣れた農作業のようなスピード感で進められています。(※制作工程については、また後日詳しくご紹介したいと思います。)

作業場にはご夫婦の笑い声が響いたり、ご近所の方が薪ストーブに暖をとりに来たり、休憩時間にはみんなで缶コーヒーを飲んだり、和やかな日常を感じさせる何気ない光景に心からホッとしました。作り手にとっても使い手にとっても、削り花が生活の一部として浸透していることをひしひしと感じた瞬間でもありました。

さて、本題ですが(笑)

以前、Instagramで削り花について投稿したら「私が住んでる地域にもありますよ」とコメントをくださった方が何人かいました。それから1年ほど経って、ご縁があって削り花を作る佐藤さんご夫婦と出会うことができ、削り花への興味がますます湧いています。

図書館などで各地の削り花について調べましたが、今まで知らなかった文化だけに、なかなか現状把握が難しいという壁にぶちあたっています。

そこで、ブログやSNSを通して、みなさんの地域にどんな削り花があるのか教えていただけたらと思い、このブログを作成しました。興味のある方や、「あ!ウチでも削り花を供えてるよ!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ情報をお寄せください。みなさんの削り花情報、お待ちしています!

  

「教えて!!東北のみなさん!」

春のお彼岸に「削り花」を供えるという方は、ご協力いただけたら嬉しいです。

削り花の画像
名前(ニックネームでもOK)
お住まいの地域(〇〇県〇〇市/〇〇県東部とかでもOK)
④ フリーペーパーの送付先の住所(次号のフリーペーパーをご希望の方)

を右記のメールまで送ってください。→ info@nowvillages.com

※送っていただいた画像は、SNS等でご紹介したり、次号のフリーペーパーのコラムの欄に掲載させていただく場合があります。掲載させていただいた方は、フリーペーパー出来上がり次第お送りさせていただきますので、④送付先住所も併せてご記入ください。

みなさんの情報を、お待ちしています。どうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑