山桜のプレートをご紹介

パンを食べる時に、いつも「バンにフィットするうつわが欲しいなぁ」と思っていたのですが…、ありましたっ!!

秋田・由利本荘市に工房を構える、木工舎つきのわさんの「山桜の角皿」。

  

山桜の落ち着いたトーンと優しい風合いが、目にも手にも心地よく、角皿の表面は時間をかけて手彫りしてあります。

  

つきのわの岡本さんのこだわりと、木に対する愛情がぎゅっと詰まったような一皿です。

   

同じく、つきのわさんの「山桜の丸皿」。

こちらは手彫りではありませんが、丸くつるんとした風合いと細めのリムが美しい、使いやすい一皿です。

パンをのせても、ランチプレートにしても、取り分け皿にしても、一枚あると重宝しそう( *´艸`)。

角皿と丸皿を並べると、こんな感じです。

  

いずれも仕上げには、グレープシードオイル(ぶどうの種を絞ったもの)が塗ってあるので、安心してお使いいただけます。

オンラインショップに追加掲載しましたので、興味のある方はのぞいてみてください。どうぞよろしくお願い致します。

  

・山桜の角皿(20×20㎝) ¥5,500(税別)

・山桜の丸皿(直径 約22㎝) ¥4,500(税別)

  

【オンラインショップ http://nowvillages.shop-pro.jp/?pid=152170644】

   

   

コメントは受け付けていません。

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑