新生活様式?

わが家の、というか、私の新生活様式になりつつある、朝の草取り。

秋田に来て、もうすぐ3年になります。

初めての年は、娘が生後2ヶ月だったので、ボーボーと生えていた家まわりの草は見て見ぬふり。スギナの勢いが凄すぎる…と青ざめたことを覚えています。

去年は、1歳の娘をおんぶして草を取ろうとしたら、お向かいさんが「大変そうだから」と、草をきれいに取ってくれました。真夏日に、3日もかけて。涙が出るほど嬉しくて、心の底から安堵したことを思い出します。

そして今年は、いよいよやるか~と(しぶしぶ)鎌を握りました。草が伸びてきた時はちょうど自粛生活中だったので、娘たちを遊ばせながら数日かけて何とかきれいに取り終わり。気が付けば、手のひらにできた水ぶくれが立派なタコになっていました。

ホッとしたのも束の間、数日後にはスギナくんたちがめきめきと再び生えてきて…。そこから毎日のように草取りタイムが続いています。まさに、スギナくんとの根競べ。もう!と、小さな怒りをスギナくんにぶつけながら、鎌を握る日々です。

でも、自然の生命力は凄い。

夫が作ってくれている小さな畑では、トマト、きゅうり、大根、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃが夏のような陽射しをうけて、ぐんぐん成長しています。

根付くということはこういうことか…。自然の生命力を前に、私はまだまだだなぁ~と、思わされている今日この頃です。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑