地元のスーパーで見つけた「削り花」

地元のスーパーで、こんなものを見つけました。

IMG_0542

入口付近にずらりと並んだカラフルな造花。バラ売り、3本売り、5本売りの種類があって、名前は「削り花」と書いてあります。

「ん?」と思って足を止め、じっくり観察…。

近づいてよく見てみると、なんと木を薄く削った皮で作られています。(ヒャー!鉋仕事!?すごいっ!!)

IMG_0544

 

店員さんにこの花の使い方を訪ねると、『お彼岸に飾る花』だと教えてくれました。

秋田ではお彼岸の時期もまだ寒く、雪もちらつきます。昔は生花が入手しにくかったので、お墓を華やかに飾るために作り出されたものだそう。

ちなみに、雪が深くてお墓までたどり着くことができない場合は、近くに挿してくることもあるそう。

「ほ~~!!!」

雪国という環境が生み出した美しき文化に触れ、なんだかとても嬉しくなりました。

 

わが家のお墓は秋田にはないけど、あまりに可愛らしいので一束買って帰りました。ちなみに1束(5本入り)で398円。小さな仏壇の横に飾りたいと思います。

 

IMG_0545

 

削り花について、もう少し調べてみようと思います。

 

 

コメントは受け付けていません。

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑