なると餅

ご近所さんから「きっとまだ食べたことないだろうと思って」と、こんな和菓子をいただきました。

角館の郷土和菓子「なると餅」。

KIMG1016.JPG

お店の前に「なると餅」という看板を掲げる和菓子屋さんが多く、ずっと気になっていたのですが、なかなか買えずにいたもの。

わくわくしながら包みを開けると、黄色い花模様が!可愛さにビックリ。もちっとした食感と優し~いあんこの甘さが美味でした。

なると餅に関する簡単な説明がこちらに載ってましたが、江戸時代には原料が粟だったため阿波の鳴門にちなみ「なると餅」と名づけられたのだそう。

四国との共通点に、ほっこりしたお茶タイムになりました。

 

 

 

広告

コメントは受け付けていません。

WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑