こけしとの出会い

KIMG0159.jpg

東北といえば「こけし」ですが、実は今まであまり馴染みがありませんでした。

でも秋田で老舗店に入るたびに、カウンターやショーウィンドウ、レジの横などにちょこんと飾られていて、その素朴な可愛らしさにいつしか親近感が湧いてきました。

特に秋田のこけしは、古風なお顔と佇まいが特徴的。こけしは産地によって技法や形態、模様(着彩)などが異なりますが、秋田は「木地山系」といわれる系列だそう。

よーく見ると、頭と胴体が続いた作りつけになっていてビックリ!こけしと言えば、首が回ってキュッキュ!と音が鳴るものだと思っていたので、こんな形態があったとは…。お顔がちょっと面長で首から肩のラインにかけてスッキリとしたフォルムなのは、独特な製作工程によるものだと納得しました。

いつか工人さん(こけしをつくる木地職人さん)にも直接お会いすることができたらいいな。それまでに、こけしのキホンを勉強しておこう。

 

※写真は、角館のさかい屋(八百屋)さんで。木地山系のなかでも吉左衛門系列の小椋久太郎作のもの。

 

 

 

広告

コメントは受け付けていません。

WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。